最近、発達障害関連の情報、見ないようにしていたんですよ。

From INてぐらる

「これは、しばらくやめよう」

ここ数日、あることについて調べるのをやめていました。

何かと言うと、アスペルガー、発達障害関連の情報についてです。

これらの情報を見ないようにしていたのです。

ツイッターも、Facebookも、ネット検索も、どうしても見えてしまったこと以外、見ていません。

なぜ、こんな選択をしたのでしょうか?もちろん、理由がありました。

見なかった2つの理由


1.あまりにもネガティブすぎて自分自身の精神状態を悪化させたから

ツイッターに関して言えば、私の繋がり方が悪いのか、運がないのか、結構愚痴やネガティヴな発言をしている方が多く、同じアスペルガーのそんなネガティヴな情報は、私の精神に大きなダメージを与えることになりました。(もちろん、彼らが悪いわけではないですよ)

これは、非常に厄介です。その情報を発信した相手にネガティヴな発言をやめろと言うことはできませんし、誰にもそんな権利はありません。

よって、「見ない」と言う選択以外はありません。

しかし、これよりも重大な理由があったのです。

2.そもそも、必要のない情報だったから


つまり、愚痴やネガティヴな発言のほとんどが、私やこのメディアの読者にとって無駄だったのです。

愚痴やネガティヴな情報は、私が活かせるかどうかと言えば、ほとんど活かせません。私が活かさなかったことをここでコンテンツにすることはありません。

リサーチとして考えても、あまりにもネガティヴに偏りすぎて、参考になりません。実際、愚痴と本当に求めていることは大きく異なります。

そもそも、あまりにもネガティヴな人は私のコンテンツの対象、読者ではありませんし、彼らも私のコンテンツを必要とはしていないでしょうを

情報のマネジメント


つまり、私は発達障害についてリサーチしていくうちに、ネガティヴで役に立たない情報に触れていた結果、自分自身を不利な状況にしていたのです。

最近は、なるべく愚痴のような情報は見ないようにしています。しっかりとした意見、悩み、欲求について知ることが重要だからです。

あなたも、楽しく生きていきたいのなら、愚痴のような情報に触れる必要はありませんし、あなたにとって大きなデメリットになります。

触れる情報、見る情報はしっかりと管理すべきです。

アスペルガー症候群の誇りある人生のために
INてぐらるでした。

Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000