「独り」を誇る生き方:4つのメリット

他のアスペルガーの人たちの体験談や発言をよく見ると、友人ができない親友ができないと言うことで悩んでいる人が多いです。

もちろん友人や親友だけでなく、上司、恋人、親といったあらゆる関係が作れない、関係を管理することができないと悩んでいる人がすごく多いです。

もちろん、私自身も人間関係に悩んでいた時期がありましたし、これから社会で経験を積むにつれ悩みだすこともあるでしょう

しかし、ひとりでいることに対してのメリットについて、アスペルガーを含めた多くの人は知らずに、人といるということを無条件で肯定し、ひとりでいることを「ぼっち」などと呼んで自他共に否定していますが、正直に言ってもったいないことであり、間違った視点です。

率直に言って、「ぼっち」でいることを避けるためだけに他人と無理矢理関係を作る方があなたにとっては非常にダメージの大きいことです。

逆に、1人でいられると言う事は非常に大きいメリットを享受できます。

もし、あなたが独りでいることによるメリットを知らないのならこの記事を読んで、そのメリットをして活用してください。もしかしたら、独りでいることに優越感を感じられるかもしれません。逆に読まないと、ひとりでいることに劣等感を抱え続けてしまうことになるでしょう。

独りでいることのメリット4つ

それではひとりでいることによるメリットを紹介します。

1.プロフェッショナルになりやすい


1人で黙々と活動できるという事は、目指したものを極めることが容易で、プロフェッショナルになりやすいと言うことです。何かのプロフェッショナルになれると言うことは、金銭的なメリットはもちろん、あなたの精神的な支えとなったり、人生が楽しくなるということにもつながります。

今プロフェッショナルとして、活躍して人に囲まれているように見える人たちも、実際の仕事では自分の信念を貫き1人で活動できている人たちです。


2.思考力が身に付き自分の考えを持っている


SNSやメールを除いて、完全に独りでいる時こそ、あなたの思考力を自動的に鍛えられるチャンスです。思考力が鍛えられれば、自分で信念を作り出したり、分析や洞察にも優れたり、あるいは学んだ知識をしっかりと活用できるようになります。もちろん思考力は、前述した、プロフェッショナルになるためにも必要です。

私がかつて読んだ本に、「本当に成長できるときは自分が独りの時だった」と書いてあったのです。実際大きな問題を克服したり、何か新しいものを生み出すときには、その時の思考は完全に独りでなければ難しいです。

独りでいるときに考えましょう、本を読むのもテストです。なぜなら思考には知識が必要だからです。

3.本当の信頼を生み出せる。


独りでいる事を大事にし、楽しめる人は意外にも本当の人間関係、信頼のおける関係を作り出すます。少し意外ですよね、説明します。

自分の信念を作るためには、独りでいる時間に考えることを大事にする必要があります。人と接してばかりだと、信念の形成がされず、価値観が揺らいでいる人間に見えます。このような人は、広い関係を築けるかもしれませんが、「八方美人」と言われるように真の人間関係を築くことが難しいです。

何度かこのブログでもお伝えしていますが、ドナルド・トランプ大統領がとんでもない人物なのにもかかわらず、選挙に当選し大統領になり、いまだに一定の支持があるのは、彼の信念・価値観が揺らいでないからです。

本当の人間関係を築く上でも、ひとりでいることを大切にしないといけません。

4.自分で自分をコントロールしやすくなる


独りでいることの最大のメリットは何かと言われたら私は、自分で自分自身をコントロールしやすくなることだと答えます。というより、独りでいる時間が多ければ自分自身で自分を強制的にコントロールせざるをえません。

そして自分で自分をコントロールできる人は、成功できている人です。なぜなら自分の流儀で生きることができるからです。他人に左右されずに、自分の道を切り開いていけるからです。

1人の時間を作って、自分自身をコントロールするようにしましょう

自分の流儀で生きるために、独りであることを誇りに思う


いかがでしたでしょうか。

独りと言う事は、決して悪いことではなくむしろあなたが幸せになるために大切なことです。独りであっても目標を持ち、自分の考えで生きられれば結果として多くの広い意味での富を手にしたり、最終的に信頼できる人たちに囲まれるでしょう。

信念や、目標、知識やスキルを手にするには、独りは最高の環境です。

アスペルガー症候群の誇りある人生のために
INてぐらるでした。



Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000