克服という死に至る考え

From INてぐらる

よくアスペルガー関連のコンテンツでは、「弱点の克服」という言葉が使われます。

克服とは「努力して困難に打ち勝つこと」という意味があります。日本人たちが好む言葉です。

きっと、あなたも「弱点は克服しなきゃ」と考えていたかと思います。あるいは、アスペルガー症候群などの発達障害関連の専門家が書いた記事などから「弱点をどのように克服するか?」という話を聞いたかと思います。

しかし、私はこの考えに反対です。なぜなら、あなたの人生にとって無駄になりやすい行動のトップが「弱点を克服すること」だからです。

そして、克服は、あなたの人生に無意味な時間を使わせ、ネガティヴな気持ちにさせ続けるまさに「死に至る」行動であり、考え方なのです。

・何のために克服するの?

多くの人が、「弱点を克服すれば先に進める」と考えています。しかし、これは大きな間違いです。

このように考えている人の多くは、人生や生活の目標、目的についてあまり考えていません。できないことや弱点ばかりに目を向け、「弱点さえ克服すれば何とかなる」と考えているのです。

私の経験上、そんなことはありません、弱点を克服したとしてもその先は無いのです。目標の達成においての障壁や問題ではなかったので、前進すらしていません。

克服しても私に大したメリットはありません。せいぜい小さな達成感ぐらいです。

特に、他の人に言われて克服しようとしたことは全く持って無駄になりました。時間だけが無くなりました。

弱点の克服は人生の無駄

私が、アスペルガー症候群は自分自身の目標を持って生きるべき、とあなたに言っているのはそういうことなんです。目標の達成に悪い影響を与える「弱点の克服」という発想は、時間の無駄であり、人生の質の低下を招く行為なんです。

そもそも、ゴールや目標が無ければ、ただ人生が苦しみに満ちるだけです。楽しくありません。他人のための人生だけを歩むことになります。

ゴールや目標の達成の過程にある困難は、問題や課題、障壁と表現され、これらを解決することは、必要なことで、有益なことです。

しかし、戦略という観点で考えた場合、いきなり解決に取りかからずに、回避する方法を考えたり、問題を一気に解決する方法を考えたりします。

つまり、戦略的な人生においては、この障壁ですら、最低限の労力で解決しようとするのです。

てすが、「弱点の克服」は目標の達成に貢献する行為でもなく、使った時間に対してのメリットがほとんどありません。

そして、そんなことに使うんだったら、目標や才能、強みを探し、活用することや、長期的に物事を考え、素早く行動することに時間を使うべきです。

・あなたの壁は?


弱点の克服は必要ありません、しかし壁は壊したり、回避する必要があるのです。

あなたがやるべきことは、1つ目は、目標を見つけ、強みを見つけ、達成までの道のりを決めることです。2つ目は、壁を確認したら、(あるいは予測してわかっていたのなら、あらかじめ)回避したり、壊すことです。

あなたの壁は何ですか?

この質問について深く考えてください。そして、この質問に明確に答えるには、

あなたのゴール、目標は何ですか?

という問いに深く考えることが必要です。

アスペルガー症候群の誇りある人生のために
INてぐらるでした。

P.S. このサイトにすぐアクセスできるよう、お気に入りやブックマークの登録をお願いします。

Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000