大人のアスペルガー、我慢の内側にある危険

From INてぐらる

もう、我慢するのはやめましょう!!!


こんにちは、INてぐらるです。

今回は、私たち大人のアスペルガーの我慢の内側にある危険、リスクについてお伝えします。

もし、あなたが今、我慢しているなと感じているなら、この記事はあなたにとって価値のある記事です。

今すぐに読んでください。

さて、私たちアスペルガーは、我慢することが非常に多いです。

原因は2つあります。

1つ目の原因は、「私たちは少数派だから」という気持ちで、気を張り、自分の意見を隠そうとすること、つまり後ろめたさからくる我慢です。

もう1つの原因は、日本の社会的な特性による、「我慢が美徳」という環境に居たということです。この場合、社会から弾かれず、認められるために我慢します。

このように考えた場合、我慢すること自体が、そもそも良いことではないのです。

しかし、後者の原因が強い場合、「我慢することはいいこと」という価値観が生まれます。私もそのように教わりました。

しかし、人生を戦略的に生きるという観点で考えた場合、「我慢」には長期的に考えて、危険だということがわかったのです。

・「我慢している」ことは危険


我慢しているということは、あなたの人生があなた以外の何かに強い悪影響を受けている証拠です。

そして、その悪い何かに、あなたのハンドルを奪われかけている兆候でもあります。

だからこそ、感情が揺らぎます。不安も大きくなり、絶望感も出てきます。

例えば、面接などで、我慢している状態は、面接官にその時の主導権を握られている、あるいはそう考えてしまっているからなのです。

・我慢しないようにするには?


非常にシンプルですが、大変なことです。

それは、自分の人生の主導権を握りつづけることです。

常に手放さず、自分の意志、思考、感情を確認し、進むことです。

ですが、もう一度いいます、簡単ではありません。

私も答えにたどり着いただけで、まだまだできていません。

・自分の人生の主導権を握りつづける方法


それこそが、「戦略的に生きること」です。

これ以外はないです。

何を目指して、何を活用し、何をするのか?

自分の強みや弱みをどのように捉えるのか?

どのような目標が正しいのか?

このことについて常に考え続けることです。

自分の人生をチェスや将棋の盤のように見上げて考えるのです。

ぜひ、深く考え続けてください!

アスペルガー症候群の誇りある人生のために
INてぐらるでした。

P.S. このサイトをすぐに見れるように、ブックマークやお気に入りの登録をよろしくお願いします。

Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000