アスペルガーが、必ず物事を続ける方法


From INてぐらる


今回は、アスペルガーが「三日坊主」を、撃退する方法をお伝えします。


アスペルガー症候群はADHDを併発している可能性が高いと、よく言われることがあります。この場合、「飽きっぽい」といわれることがあります。


というのも、「興味の限定」が長続きするものと、そうでもないものがあるからです。例えば、私自身、気になった言葉の語源はよくインターネットで調べたりするのですが、次の日にはもう忘れています。長続きする場合、例えばパズルやマーケティングやセールスライティング、ブログやコンテンツ販売やアスペルガー症候群の生き方、人生戦略などに関しては、常に頭の中にあるのです。この「限定の興味」は全て繋がっているのです。


ただ、途切れた時期もあります。例えば、パズルは去年はあまり活動していなかったのです。ですが、長続きする限定の興味は「情熱」が強いため、再開できるのです。


こんな体験は、あなたにはないでしょうか?


・続けることが途切れても・・・


よく習慣化の敵とも言われる「三日坊主」の本当の問題は、「三日坊主」が起こった後の「罪悪感」や「自暴自棄的な感情」で続けることをやめてしまうことが問題です。


4日目できないだけで、その後の機会を無くしてしまうのが問題なのです。


ですが、情熱を伴う「限定的な興味」、あなたがほんとうに大事にしている事柄、長続きする興味に対してこれは働きません。一回途切れたからといって、すぐに再開するでしょう。


つまり、その物事に対して興味が持ち続けられるかどうかを決めるポイントは、途切れず続けられたことより、一度途切れても再開して続けられるかにあるのです。


野球のイチロー選手が、「毎日の素振りを欠かさない」のように、大事なことを毎日やることだけが習慣のキーと思っていますが、実際は、「途切れても続けられるか?」が重要なのです。それで続けられることが、情熱を伴う長続きする「限定的な興味」を活かした習慣と言えるでしょう。


習慣化の時の理想は確かに、30日以上続けた方が、早いですが、もし仮に7日に一回、途切れたとしても、25日間は実行できているので、途切れたからといってやめるよりは多くのことを得られるでしょう。


・途切れたからといってやめるのはもったいない


つい、途切れたからといってやめてしまうことはないでしょうか?


実はそれはもったいないことです。途切れたことを気にせず、続けることが本当に習慣化するポイントです。


Q.あなたがつい、続けようとして途切れてしまったことはなんですか?それを再開したいですか?


この問いに、「はい、再開したいです」と答えたことは再開しましょう。途切れても続けることが本当の習慣になるのです。


アスペルガー症候群の誇りある人生のために

INてぐらるでした。


P.S. もしあなたが、アスペルガー症候群であっても、、、、↓

Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000