アスペルガーが、カサンドラ症候群について考える

(画像元:ぱくたそ様)

From INてぐらる


※今回の記事は、アスペルガー症候群およびカサンドラ症候群で苦しんでいる方にとって不都合なことが含まれている可能性があります。ご注意ください


ええ、わかってますよ。私はただのアスペルガー症候群当事者で、正直言って私がこのことに触れられるほどカサンドラ症候群の方々について知っているわけでもありません。情報を見ただけです。


ただ、カサンドラ症候群の原因が、アスペルガーの方が原因だというのなら、その当事者が考えることは無駄にはなりません。


私は結婚していませんし、今後結婚するかはわかりませんけどね。


ゆえに、今回の記事はアスペルガー症候群であるあなたのアイデアになりにくい場合があります。


それでももし、あなたがご結婚されていて、「カサンドラ症候群」について気になるのでしたら、ご一読する価値はあると思います。


※今回は、明らかに自分に関すること以外、つまり「カサンドラ症候群」についてお伝えします。もし仮に、明らかに認識が違っていたらコメントをしていただけると、幸いです。


・なぜ?”カサンドラ”なのか?


まず、カサンドラ症候群についてしっかりと意味を理解しないといけません。



カサンドラ症候群(-しょうこうぐん、Cassandra Affective Disorder)、カサンドラ情動剥奪障害(-じょうどうはくだつしょうがい、Cassandra Affective Deprivation Disorder)」と|は、アスペルガー症候群(AS)[注釈 1]の夫または妻(あるいはパートナー)と情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる、身体的・精神的症状を表す言葉である[1]。

Wikipedia カサンドラ症候群の解説より

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


つまり、アスペルガー症候群のパートナーと感情的に繋がりが持てないために、その配偶者が身体的・精神的症状が発生するものです。


また、この状態を周囲に理解してもらえないことでも発生したり、家族や同僚でも発生すると記載されています。


そして、新しい言葉でもあるので「カサンドラ症候群」は厳密には病気とはなされていません。ただ、先進的な病院は治療を行っているようです。


ただ、カサンドラ症候群の”カサンドラ”


これは一体なんだろうと調べると


語源

カサンドラというのは、ギリシア神話に登場するトロイの王女の名前である。太陽神アポロンに愛されたカサンドラは、アポロンから予知能力を授かる。しかし、その能力でアポロンに捨てられる未来を予知したカサンドラは、アポロンの愛を拒絶したので、怒ったアポロンに「カサンドラの予言を誰も信じない」という呪いをかけられた。カサンドラは真実を知って伝えても、人々から決して信じてもらえなかった[9]。

Wikipedia カサンドラ症候群の解説より

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


・・・・


なんか、あまり繋がらないような・・・・


確かに、周囲の人に異常を理解してもらえないということではそうかもしれませんが・・・


うーん、そっちの方が問題として大きいのだろうか???


・アスペルガーとの”ズレ”が原因、特にコミュニケーション


ですが、結局のところ私たちアスペルガーとの認識や行動のズレが理解できないことが原因になっている可能性が非常に高いと感じます。


問題はそのズレが多様であったり、明らかに問題を引き起こす時でしょう。


例えば金銭感覚、私も結構ズレています。明らかな浪費ぐせはないのですが、使う時と使わない時が激しいんです。


特にコミュニケーションに関しては相当ズレる可能性があります。私は結構学習するように努めてきましたが、それでも情緒的に、感情的に理解するのはなかなか難しいです。


正直言って私は、感情的に理解する能力はマーケティングやコピーライティングのために習得したようなものです。その学習の過程で身につけたものです。


じゃあ、その必要がない人は?感情を理解しようとする気のないアスペルガーは?


当然、身につくはずもありません。


・海外のコミュニケーションがこのズレを直す?


明確な答えはありませんが、海外の人はあまりカサンドラ症候群になりにくいとは思います。


特にアメリカではそうだと思います。


これは明確なデータはありません。統計があるわけでもないので、完全に推測です。


ですが、理屈としては納得できるものがあります。


アメリカではディベートの文化が根強いです。データを集め、論理的に決着をつけます。


この影響が日常会話でも出てきます。物事をはっきり言いますし、喧嘩にもなります。ただ日本よりは「感情的」にぶつかることは少ないようです。


なぜなら、彼らは「言葉で話すことでのみ、理解ができる」と考えているからです。各個人に「意見がしっかりあるという」前提があるんです。だから、「意見」をぶつけるんです。


・はっきり言わないで、理解されようとしないこと


こんなこと言うと、非常に怒られるかもしれませんが・・・


言葉で相手に伝えようとせず、理解してもらおうとはしていませんか?ということです。


もちろん、理解してもらえないのはカサンドラ症候群の方だけの責任ではありません。言葉にして理解してもらえないとなったら、ほとんど責任はないです。


ですが、はっきり言葉にせずに理解してもらうのは日本には文化として根付いているかもしれませんが、こんな文化ははっきりいって「傲慢」です。「相手に理解してもらえる」と勝手に期待して、コミュニケーションを軽視し、その相手を尊重していません。


考えてみてください、あなたは相手にはっきり言われずにどうやって相手の意見を把握するのですか?


私は、私たちアスペルガー症候群がコミュニケーションが特段苦手とは思っていません。正直言って、普通の人の方が曖昧さでいったら「コミュニケーション失格」です。


アスペルガーの仕事のトラブルに「曖昧な指示が理解できない」というものがあるそうですが、冷静に考えてみると、曖昧な指示をする人はコミュニケーションを軽視しているか、そのビジネスがどうなってもいいと思っている可能性がある人です。(そもそもなぜ仕事において曖昧な指示が発生するのか?というのも疑問です。)


「空気を読む」という文化もコミュニケーションに対する怠惰が作っています。


そもそも空気なんて共通の思い込みでしかありません。その思い込みを読んでもらおうなんて、おこがましいとは思いませんか?


私たちは話せるのですから、言葉にしましょう。もちろん言葉以外にも伝える方法はありますが、なんにせよこっちから伝えようとせずに理解されようとはしないほうがいいですよ。


はっきり言葉にして理解されない場合は、それはもうどうしようもないです。相手の問題だからです。この段階になってしまったら関係を切ることを考えてもいいでしょう。


・アスペルガーへのお願い:言葉にしたら、聴こう!


さて、ここからはアスペルガーにお願いです。


あなたのパートナーから言葉にされたら、聴きましょう。感情を理解しようとしなくてもいいから、聴きましょう。全力で聴きましょう。


この「聞く」じゃなく、この「聴く」にしているのはあえてそうしているんです。感情はわからないかもしれない、でも言葉にしているのならあなたはそれを聴けるはずです。


わからなかったら質問しましょう。理解するために質問しましょう。


それを嫌がったら?それはもはやコミュニケーションになりません。


あなたも話しかけて聴いてもらえなかったら、嫌でしょう?だから、聴いてあげてください。


もちろん、誰でも聴く必要はありませんが


・コミュニケーションの問題に、どっちが悪いとかは無い


カサンドラ症候群の場合、夫婦間においてどちらか一方が悪く、どちらが正しいか、という問題ではないことに留意すべき必要がある。

Wikipedia カサンドラ症候群の解説より

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4


だからこそ、双方が理解する必要があるのです。コミュニケーションの問題において「曖昧な」発言をするのは、厳密に罪とは言えませんが、その発言の「責任」は負うべきです。


聴く側も、聴く「責任」を負うべきです。


だからコミュニケーションにおいて、厳密には「双方の責任」と考えることもできるでしょう。


カサンドラ症候群の方も、アスペルガー症候群の方も、この点を考えてみてください


アスペルガー症候群の誇りある人生のために

INてぐらるでした。


P.s. アスペルガー症候群のためのコミュニケーションの攻略本、書きたい・・・しかし、私も改善したとは言え、まだ問題だらけなんですよね。


P.s.2.  カサンドラ症候群について書くのは最初で最後になるでしょう。当事者ではないし、下手したら間違ったこと書きそうだし、メディアとしてのターゲットも違うし、などなど








Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000