アスペルガー症候群とミニマリスト

From : INてぐらる 

 私が当ブログを始めた当初、「ミニマリスト」という言葉や、テーマにしたブログが多くありました。 気になって、調べてみたところ 持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。


自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。 「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。 知恵蔵の解説より https://kotobank.jp/word/ミニマリスト-139265 


 ということでした。つまり、物に対して必要最小限を求め、実行すること、その考え方だと考えました。 「物を最小限にして、生活をする」というのは、確かに大量生産・大量消費の時代において、逆説的な考え方であると言えますね。


 しかし、その後深く考えると、今の時代はさらに「物以外」においてもミニマリストの考え方が活かせることに気付きました。 また、それがアスペルガー症候群であるあなたの生活を改善に活かせることがわかりました。 


 今回は、物以外においてミニマリストの考え方を活かせることをお伝えします。その後、アスペルガー症候群の生活に活かすとどうなっていくのかをお伝えします。 


 ・「物以外」での活かし方 


 ミニマリストの考え方の根底にあるのは、「最小限、最低限」です。 限りなく"何かを"少なくすることがミニマリストである考え方だと言えます。 これが、一般的には物であるだけです。 では、物以外だったら? 色々、あります。 例えば、、


 ・学習のミニマリスト →あなたが必ず必要なことだけを学ぶ 

 ・時間のミニマリスト →あなたが働く、行動する時間を最低限にする

 ・コミュニケーションのミニマリスト →お互い、必要かつ最小限なことをまとめて伝える 

 ・人間関係のミニマリスト →貢献しあえる関係のみを、最小限として、関係を管理する 


 そして、その中でも強力かつ、アスペルガー症候群に是非活かして欲しいのが、行動・タスクのミニマリスト、つまり行動・タスクの最小限化です。 


 これをすると、何故いいのか? 


 ・疲れなくなる 


 目標達成までの最短化、混乱の回避など、ありますが、1番効果があると思うのは「疲労の回避」だと、考えます。 疲労を避け、心身ともに健康でいることができます。


 ・「削る」ことを考える 


 では、行動のミニマム化を実現するには、削ることを考えるのです。削ることを徹底するのです。 「目標達成または日々の充実した生活に、必要最低限なことは何か?」を考えていくのです。


 いかがでしたでしょうか? ミニマリストの考え方、活かしていきましょう! 


 アスペルガー症候群の大きな活躍へ 

 INてぐらるでした。

Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000