多くのアスペルガー症候群が「強み」や「才能」を見つけ出せない3つの理由


From : INてぐらる 


 「自分には強みなんて無いのではないだろうか…」

 「強みを探すなんて時間の無駄だ、どうせ無い」 


 厳しいことをあえて申し上げますと、そのように"思っている"と、一生見つけることはできません。。。 

 あなたが、どんなに頼んでも、他の人が、強みを見つけ出すことはできません。


 強みはあなたが見つけ出す必要があるのです。というのも、あなたが1番高確率で強みを見つけることができるからです。 


 今回は、強みを見つけ出せない理由を3つお伝えします。 


 強みの発見に役立てみてください 


 ①あまりにも簡単すぎるから 


 それが、あまりにも簡単で、いつでもできてしまう、もはや自然な感じで… 


これが、強みの表し方の1つです。ですが、簡単にできてしまうことによって"その価値"を感じにくくなっているのです。 


 一見、"苦手の克服"は労力も多く、大変なため"価値"を感じやすいですが、実際は強みの活用の方が価値が高いのです。 あなたが簡単にできてしまうこと、そこに強みが眠っています。 


 ②探そうとしていないから 


 多くの人がこれだと思います。 


 単純に探そうとしていないのです。強みの発見に、多くの時間をかけないのです。 そして、探すのを勝手にやめて「自分には強みなんて無い」と、判断してしまうのです。 


 また、1回の診断テスト等ですんなり見つかるものではありません。その後に、経験や知識など様々なものを組み合わせて"強み"となっているからです。 つまり、そもそも1日やそこらで見つかるようなものでは無いということです。 


 強みを本気で探すことは、時間やエネルギーの価値ある使い方の1つだと思います。 強みは、見つかったら終わりではありません。始まりです。


そのあとその強みも極め、また日々新たなる強みを探す必要があります。一生です。 私自身も現在進行形で探し、増やしています。今持っている強み、例えば「物事の枠組みを作ることができる」や、「常識を抵抗なく否定できる」といったものがあります。 


 ③「現状」で活かそうと考えるから 


 そもそも、「自分には強みなんて無い」と嘆くほどネガティヴな状態を生み出す、現状の生活は強みが活用できていないでしょう。


 強みは、履歴書や自己PRで記述するためのものではありません。ましてや、今のつまらない仕事に活かすためのものではありません。 


 強みの活用の形は数あれど、方向性は1つです。 それは、「あなたの目標のために活用する」ことです。 


 実際、私が電子書籍やブログを書いているのも「1つの目標のため」に「強みを活かしている」と確信しています。 


 いかがでしたでしょうか? もう一度言いますが、強みは探し続けるものです。極めていくものです。増やしていくものです。 そして、無理に現状で活かそうとしないことです。現状ではなく「目標」で考えるべきです。 


 アスペルガー症候群の大きな活躍へ 

 INてぐらるでした。

Asperger Life アスペルガー症候群の大きな活躍へ

アスペルガー症候群が望む人生を歩むための、価値あるヒント・アイデアをあなたにお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000